【女性ホルモン】3つでできる!体のゆらぎに共鳴する不安と緊張。

2月に入ってから引き続き大問題になっている「新型コロナウィルス問題」。

ここ最近では、私の知り合いのカウンセラーさんの元には「不安と緊張」について相談される方が増えてきていると聞きました。そして、特に「産後と更年期世代の女性」が多いそうです。

☑目に見えぬもの予測できぬもの

☑生活環境・習慣の急な変化

というものは人間が生活していくにあたって「不安と緊張」を生む原因となります。この状況からは、体は身動きが取れなくなってしまい負の連鎖が生まれてしまうもの。

今回は

〇不安・緊張が及ぼす体への影響

〇不安・緊張に弱い女性ホルモンのバランス

〇今から誰でもできる!不安・緊張を楽にする3つの対策法

この3つのことを、誰にでも分かりやすく解説したいと思います。



不安と緊張を抱いた時の体の状況

私たちの身の回りに起きる出来事が、以下のようなルーティーンで、感情・体レベルの問題を生み出します。

________________________


目に見えぬもの予測できぬものの到来

生活環境・習慣の急な変化

という出来事

「引きがね」

👇

不安・緊張・恐怖・悲しみなどの感情

👇

ストレス

👇

不調

________________________

そして、この不調を解消しないと、また最初に戻り「負のスパイラル」がうまれてしまいます。

*参照➡「記憶に残っているもの」

私たちに問題が起きると、脳内の【扁桃体】という場所が活性化します。これは、体に「問題発生!対応せよ!!」という指令を送るため。その指令・信号は【視床下部】というところに送信されます。視床下部がこの指令を受けると【副腎】という場所が働きだし、〖ストレスホルモン〗と呼ばれるホルモンを分泌します。このホルモンが血液に乗って体を巡り、自律神経や臓器が色々な反応を起こします。

慢性的に私たちが問題にさらされたり、起きた不調を改善できない時、体や心の様々な病が起きてしまうのです。


不安・緊張に弱い女性ホルモンのバランス

様々なことをキャッチして体に伝える脳の仕組み。

女性ホルモンバランス・自律神経のバランスに関わる➡視床下部

ストレス・感情に関わる➡扁桃体

この2つはとても近くにあります。この状況があるので、女性ホルモンのバランスはストレスに影響を受けやすいと言われています。

とくに、妊娠・出産・産後・更年期・子宮や卵巣の悩みを抱えているという〖女性ホルモンのゆらぎ〗の最中にあるときはどうしてもストレスを受けやすくなるのです。


今から誰でもできる!不安・緊張を楽にする【3つの対策法】

ここまでお話ししてきた体の仕組みを知ると、もっと不安になってしまったり、どうしようもない、と思う方もいらっしゃると思います。

ここからは発想の転換をしましょう!

どうしようもないことだからこそ、皆さん自身で、ストレスに対応したり解消をすることを日々行っていくことが大切です。


対策① 言語化してみる

皆さんが抱いている不安や緊張を言語化してみましょう。

〇書く

〇話す

どちらでも良いんです。その際には、外に対象となるものが必要です。

ノート/植物/ペット/家族/パートナー/友達/カウンセラー、など皆さんの気持ちが一番気楽でいられる対象を選ぶことも大切です。

この様な順番で言語化を行います。

1.不安や緊張した気持ちや体の状況をそのまま素直に言語化する。

2.理由を楽な範囲で言語化する。

  (例えば、なんで不安に感じるのが嫌なのかな、とか。)

3.「自分が」どういう気持ちや体の状態だったらOKなのかを言語化する。

このように、自分の状況を一つ一つを認知してくことが、まず大切です。


対策② 私自身が安心できる充実感を感じることをする



皆さんは、普段どんなことをすると安心したり、心が満たされますか?

そこには、五感を満たすオリジナルのアイデアがあると思います、

例えば、好きな香りを身にまとう/映画を見て泣く・笑う/美味しいものを食べる/自然の中に行く/好きなアーティストの音楽を聴く・・・など、無意識に行っているけれども普段から何気なくやっていことに、必ずあるはずです。

そういった、ことを幾つか「お守りアイデア」として持っておきましょう。

不安や緊張が起きた時が「お守りアイデア」の出番です。このようにして、自分を安定・満たすことをしてみてください。


対策③ 太陽の力と体の機能を味方にする


ここでのキーワードは「リラックス」です。

まずは、

太陽浴をしましょう!

目や肌から太陽のパワーを浴びます。太陽のパワーには、気持ちをリラックスさせる神経伝達物質である「セロトニン」を引き出す力があります。鬱々としてきた時、こそ太陽の出番!

5分から始めて、10分・20分と太陽を浴びる時間を増やしていきましょう、お肌のことを考えると朝の太陽光が望ましいと言われています。また女性ホルモンにも太陽光は深く関わっているんです。

太陽が顔を出している日には、出勤時に一駅歩いてみる・ごみ捨てついでに散歩をする・少し早起きして散歩をする・・・そんな風にいつもの生活の何かに絡めて、やり易い方法を取り入れてみましょう。

太陽を浴びた日には、心地よい眠りに辿り着けますよ。


次に、

ストレッチを毎日に取り入れましょう!

体をほぐすと、気持ちも楽になる経験は皆さんあるはず。難しく考えずに、とにかくやってみることをおススメします。やることは4種類。

おススメのストレッチと順番を紹介します。


*ポイント*

簡単なほど効果的

皆さんの感じる気持ちよい範囲で行う

楽に呼吸をして10~30秒保つ

①体の横をストレッチ

②体の前をストレッチ

③ねじる

④体の後ろ側をストレッチ


不安と緊張は皆さんの知らないうちに、大きなものになってきて悩みに変わってきてしまうもの。日ごろから、自分に起きていることに気づいて対処をしていけば大問題にならずに済むのです。

また、私たちの外側にある「どうしようもならない」というものを解決することよりも先に

「自分をケアして整えていくこと」

これが、不安と緊張に対する一番の解決策なんです。


できることはあります!

みなさんが毎日を少しでも「楽」に過ごせるように願っています。




女性の体をケアするイベント・コース


↡click!

4月5日(日)14:00~15:30

スタジオ・ヨギー横浜

【マッサージ&ヨーガで体を整えるウィメンズケア】

~あらゆる女性の体のお悩みに~


↡click!↡

4月の募集が始まりました。

オンラインクラス

生理・更年期・自律神経の悩みを自分で整えられるようになる

【ウィメンズケア・セルフケアコース】

Women'sLIFE & BODY

とみよし美里/女性専門トレーナー。 ウィメンズライフ&ボディー。 【妊娠・出産・産後・更年期】女性の成長を専門にサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000