misato

記事一覧(52)

【1名空きが出ました】指導者コース ウィメンズケア×YOGA

\1枠空きが出ました/本コースは既に指導者をしている方を対象としたコースです。月経・更年期・自律神経系の悩みを抱えた女性にちゃんと向き合えるようにスキルアップをしませんか?多くの女性が、改善に向かっています。ヨガの考え方とテクニックを活用し、更年期を迎える前の方から、迎えている方へ向けて、またホルモンバランスや自立神経不安定症の状況にある女性へ向けての、指導の知識とテクニックを学ぶコースです。クラスのプログラミング方法・アレンジング法・モチベーションを高めるコミュニケーション法、そしてタッチケア、等、指導者として一人一人に向き合うための重要な要素を取り入れた内容です。卒業後は、女性の身体や指導法についてを学べる毎週のニュースレター、再受講割引、研修(年1・2回を予定)などにより、しっかりサポート致します。カリキュラムウィメンズケア×YOGA指導者コース(講座名:更年期ヨガ1級)〇女性の身体のメカニズム〇女性の身体的・ホルモン・心理的変化〇更年期の症状〇更年期とヨガ〇ヨガのメカニズム〇更年期に行うヨガクラスのプログラミング方法〇ポーズのアレンジ法〇タッチケア〇言葉を使った指示〇教授法とコミュニケーション方法【試験】〇課題提出(クラス開催とレポート)〇実技試験(最終日)〇筆記試験(最終日)日程木・金曜日コース全4回〈10:00ー15:00〉11月15日(木)11月16日(金)12月20日(木)12月21日(金)*最終日に試験があります。*各回ごとに課題があります。受講料125,000円(税別)*分割可場所BRIGHTON Studio DAIKANYAMA渋谷駅・代官山駅より徒歩6分定員8名受講条件ウィメンズケア×YOGAセルフケアコース(講座名:更年期ヨガ2級)受講者ヨガまたはその他のスポーツ指導者詳しくはご相談くださいお申し込みお申し込みフォーム(社団法人 日本ベビー&チャイルドケア協会)【お申し込みの流れ】上記のお申し込みフォームに必要事項を記入の上お申し込みください。2日以内に《reserve@kurashikarada.com》より返信が届きます。(受信可能な設定を行ってください)その後、当日までの流れ当の詳細をご連絡致します。*もしも、返信がこない時は、受信設定をご確認のうえ、reserve@kurashikarada.comまでご連絡ください。講師とみよし美里主宰株式会社マザーミー一般社団法人JABC日本ベビー&チャイルドケア協会お問い合わせinfo@kurashikarada.com まで

【キャンセル待ち:募集中】11月ウィークエンドクラス

\週末は身体を立て直す日/キャンセル待ち受付中です・・・日曜日に、皆さんがリフレッシュしたり身体を整えたりできるクラスです。日々使い続けている身体と頭脳。リセットして立て直す、そういう時間を過ごしませんか?アクティブな動きも取り入れつつ、じっくり身体に向き合っていけるのが、私の動きのあるヨガクラスの特徴です。初めての方から、参加できます。技にフォーカスはしません。身体の声を聴いて自分で自分のコントロールをすること、それを中心にして筋肉・骨格・自律神経系の調子を整えます。伝統的なヨーガの手法を土台にしていく、とても気持ちの良いクラスです!是非、お越しください!!\カンタン!予約制!/スケジュール・ご予約ページ☝のページから、日程を検索しご予約ください!スケジュール11月日4&25日(日)11:00オープン11:15~12:4590分くらいを予定しています。(12月は2日と23日です)参加費2000円持ち物ヨガマットやウェアーなど場所野毛Hana*Hana2FスタジオA神奈川県横浜市中区花咲町1-42-1➡MAPアクセスJR京浜東北線「桜木町駅」から徒歩5分横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩4分(駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。)行き方桜木町駅より【野毛ちかみち】を通り斜め左奥へ進んでください。【南2B】出口へ。エスカレーターを上ると右手にラーメン屋さん【一蘭】があります。そこを右折し【野毛仲通り】を直進してください。右手にパチンコ屋さん、左手にファミリーマートがあります。そのすぐ先右手に野毛Hana*Hana入口があります。お問い合わせinfo@kurashikarada.com 2日以内に返信致します。返信がない場合、メール受信設定を確認の上、再度ご連絡ください。

言葉の呪縛から解放されてしまえ

言葉の呪縛。気付けば沢山の言葉の呪縛に囲まれて呪縛を呪縛と気付かずに、それを私自身だと思っていたり。呪縛に気付いて脱却しては、また新たに呪縛に引っかかったり呪縛を求めたり。人って厄介だな、そう思うのです。先日、私の祖母が101歳で他界しました。そこで知ったのが「お婆ちゃんは〈B型〉じゃなくて〈AB型〉だった。」という新事実。丈夫で大病をしなかった祖母が、亡くなる前に入院し点滴をすることになって知らされた事実でした。我が家系は【男はO型年下、女はB型年上】で揃っているというのが、変な自慢というか家訓というか。それを101年を終える前の祖母が覆したのですwwwそれを聞いて私の心はなんだかとてもスッキリ。とても気持ちが良かった。私以外の人には分からないですよね。なんだ、このコラムって終了ボタンを押されるんだろうな。家族を型と感じるほどなにかの型に規則にはまらぬ自分。O型年下男性とも無縁の自分。そんな自分を勝手にダメなんだとどこか呪縛に縛られていて解放されたかったんですね。小さなことだけど、自分の中に黒い目立つ石のようにずっとあったんですよね。こういう呪縛個人的なことになればなるほどかなり在ると思うのです。自分の人生のこととか性格のこととかもっと具体的に自分の24時間に関わるとしたら体型のこととか病のこととかそういうことになると特に見た目は分からなくなってしまっているけれど良く見たり触ると絶対にあると分かって過ごし続けている、換気扇のこびりついた油汚れのように在ると思うんです。もしそこから、自分が全部自由になれたら体も気持ちも本当に健やかになれるように思います。病をもっていても健やかになれると思います。だから私は、いろいろな人の言葉を聞いてみたり昔から今もいるいろいろな人の人生を見てみたり外に目を向けそして自分に目を向けて自分の中の【ありえない】を消してみたりそれをやっています。クラスやコースに来る方々は上手くできるテクニックを求めてくる場合があるんだけれどそういうこと、を先に教えると核心を覆ってしまう見えなくしてしまうそんな事が起こります。自分が良くなっていくチャンスを消してしまう、そういう残念なことが起こらぬよう細心の注意を払って私は教え続けています。上手く出来ない、その原因原因を見る前に上手くしたくなるその原因に気付くことその作業が必要です。ヨーガはただ全てを経験すること。これが本来ある方法です。そして私が感じる最もシンプルでパワフルで達成するには時間が要する瞑想法にヴィパッサーナーという方法があります。最近話題になっているマインドフルネスの原型です。なにもしない。イメージも使いません。ただ何もしない。そうすると頭の中にありとあらゆる自分がかかっている言葉の呪縛が現れます。なにもしたくないのに体は勝手に動き働き苦しみ始めますそれでも何もしないと諦め時が数分、数時間、数日するとやってきて言葉の呪縛から自分の思考回路は解かれて体は無駄な抵抗も反応もしなくなる。そして、もう呪縛にかかった偽自分とはさようなら。完全にさようなら。これを経験したとき。気付くことまずは自らそういう言葉がとてもとても腑に落ちました。どういうことか、自分の言葉ではまだまだ上手く表現できないからそれは割愛。とにかくどんな方法でもいいから言葉の呪縛からなんて解放されてしまえ。

どうにもかなわないホットフラッシュ

どうにもならないホットフラッシュ。更年期に起きる症状でも代表的なものです。卵巣機能の低下によって起こる更年期症状は〇ホットフラッシュ〇生殖器の委縮・乾燥〇月経不順と停止です。だからある程度の年齢になると多くの人が経験するのです。このホットフラッシュ。ただ、ダラダラ汗をかくのとはまた違います。ぶおっと体がぶおっと突如ほてってぶおっと汗が飛び出てくるぶおっと来るものだから、気持ちなんて落ち着けないこんな感じでしょうか。こういうときに思いだして欲しいことおまじないのように思いだして欲しい言葉『あともう少ししたら、治まってくる』これを覚えていてください。冷静でいればぶおっとした後は、少し経つと必ず治まります。そして、あまり周りを気にしない事。大丈夫。周囲はそこまで自分のことをなんとも思いません。気になるなら、可能な限り一旦退席を。自分の気持ちが収まる方を選びましょう。日頃の深呼吸と運動ホットフラッシュが起きた時その状態に巻き込まれてしまうと、状況が落ち着かないばかりか、更に高まったり他の状況を引き起こしてしまいがち。であれば。できるだけ、巻き込まれぬように。これが、『ヨーガ的な考えです。』その方法の一つに『深呼吸』があります。とにかく吸って、口から『ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ』と長く吐く。状況が過ぎるまで、そうする。こういった、事を普段の何気ない時から、自分に癖付けていくと良いのです。あとは運動をしておくこと。ここでは、『運動=体への刺激』という意味で使いたいと思います。日頃から、体を〇ある程度の強い刺激〇刺激から解放されるときの脱力感この二つにさらしておくことがいざというときに、大いに役に立ちます。体が刺激を学習していると、ちょっとしたことが起きても過剰に反応せずにやり過ごしやすくなるからです。ぶおっとくることについては対策を練っておく!これしかないでしょう!INFORMATION

【募集開始】岡山指導者コース ウィメンズケア×YOGA

いよいよ12月より岡山で初めての【ウィメンズケア×YOGA指導者コース】を開催いたします!運動指導者の方のスキルアップに必見のコースです。【セルフケアコース】を受講した方が進めるコースです。岡山で定期的にセルフケアコースを行っているのが大塚恵先生です。➡大塚恵先生のサイト【meguru yoga's diary】\指導者コースを募集いたします/本コースは既に指導者をしている方を対象としたコースです。月経・更年期・自律神経系の悩みを抱えた女性にちゃんと向き合えるようにスキルアップをしませんか?多くの女性が、改善に向かっています。ヨガの考え方とテクニックを活用し、更年期を迎える前の方から、迎えている方へ向けて、またホルモンバランスや自立神経不安定症の状況にある女性へ向けての、指導の知識とテクニックを学ぶコースです。クラスのプログラミング方法・アレンジング法・モチベーションを高めるコミュニケーション法、そしてタッチケア、等、指導者として一人一人に向き合うための重要な要素を取り入れた内容です。卒業後は、女性の身体や指導法についてを学べる毎週のニュースレター、再受講割引、研修(年1・2回を予定)などにより、しっかりサポート致します。カリキュラムウィメンズケア×YOGA指導者コース(講座名:更年期ヨガ1級)〇女性の身体のメカニズム〇女性の身体的・ホルモン・心理的変化〇更年期の症状〇更年期とヨガ〇ヨガのメカニズム〇更年期に行うヨガクラスのプログラミング方法〇ポーズのアレンジ法〇タッチケア〇言葉を使った指示〇教授法とコミュニケーション方法【試験】〇課題提出(クラス開催とレポート)〇実技試験(最終日)〇筆記試験(最終日)日程全4回〈10:00ー15:00〉12月15日(土)12月16日(日)1月17日(木)1月18日(金)*最終日に試験があります。*各回ごとに課題があります。受講料125,000円(税別)*分割可場所岡山市内近日中に発表いたします定員15名受講条件ウィメンズケア×YOGAセルフケアコース(講座名:更年期ヨガ2級)受講者ヨガまたはその他のスポーツ指導者詳しくはご相談ください。お申し込みお申し込みフォーム(社団法人 日本ベビー&チャイルドケア協会)【お申し込みの流れ】上記のお申し込みフォームに必要事項を記入の上お申し込みください。2日以内に《reserve@kurashikarada.com》より返信が届きます。(受信可能な設定を行ってください)その後、当日までの流れ当の詳細をご連絡致します。*もしも、返信がこない時は、受信設定をご確認のうえ、reserve@kurashikarada.comまでご連絡ください。講師とみよし美里主宰株式会社マザーミー一般社団法人JABC日本ベビー&チャイルドケア協会お問い合わせinfo@kurashikarada.com まで

秋の養生と女性の体

今朝は久しぶりにサツマイモを蒸しました。すっかり秋ですね。気温も下がって湿度も少なくて、過ごしやすくなりました。秋は乾燥の季節。○便秘気味○お肌保湿が必要○アレルギー、鼻炎なんて事が起きてきますね。これは、体内が乾燥している証拠。こういう症状が起きたなら、いくら良い化粧品を塗っても水ばかりをガブガブ飲んでも効き目は出ません。ほおっておくと、カッサカサになりますよ。ポイントは食物繊維と水分補給秋の食材は食物繊維に溢れています。そして水分が補給できる果物も豊富。サツマイモ、大根、キノコ、豆、穀物、柿、梨、ぶどう。。。こういったものは、腸内の環境を良くするものばかり。腸内の環境が良いと身体の粘膜も守られてお肌の乾燥からも脱出できるのですよ。これらは、夏の疲れを癒していくような仕組みの食材でもあるから美味しく頂きましょう。でもね、栄養価が高いので食べたら、ちゃんと運動しなきゃいけません。20〜30分のスピードのあるウォーキングを週2〜3はやっておきたいもの。他の身体の症状は・・・乾燥に加えて冷えも入るので、首・肩・腰と身体の裏側を痛める人が多いのも特徴です。運動、ストレッチ、必要ですねー。身体を動かし血流を良くしておく事。腸内の環境を良くしておく事は年齢を重ねる女性にとって、とても大切なことです。ストレスに関わるホルモン「セロトニン」の分泌に関わっているからなんです。ストレスを受けやすい年代ならばストレスを回避する、という考えよりも「ストレスに対応できる体作りをしておこう。」というのが、私の考えです。女性ホルモンは、ストレスの影響を受けやすいですから、その為にも食物繊維水分補給運動日々できる、この3つを!潤々とツヤツヤとゆとりが待っています。INFORMATION

【残1名】ウィメンズケア×YOGAセルフケアコース

\10月コース、募集開始します/ー ヨガで女性特有の症状に対するセルフケアができるようになるコース ーウィメンズケア×YOGA(更年期ヨガ2級)【セルフケアコース】10月の講座の募集をまもなく開始します。生理・更年期・自律神経に合わせて体を整え、自分に安心して暮らせるようになるために、今の生活と体の状態を細かくチェックし、状況に合わせたセルフケアを行っていく一日です。***こんな方にオススメ***ヨガをするのが初めての方から受講できます。☑ 女性ホルモンのバランスを整えたい方☑ 生理の悩みがある方        ☑ 体調を整えたい方         ☑ 更年期の真っ只中にいる方     ☑ 更年期症状をお持ちの方      ☑ 更年期をこれから迎える方     ☑ 30歳を過ぎた方         ☑ 閉経後の体調を整えたい方     ☑ 誰かの力になろうとされている方  内容ウィメンズケア×YOGA【セルフケアコーズ】(講座名:更年期ヨガ2級)〇女性の更年期と症状について〇今の体調と生活のチェック〇身体のバランスチェック〇更年期に備えた生活スタイル〇心のバランスを保つ方法〇身体(筋バランス・姿勢)のケア〇更年期の為のヨガ*指導者養成講座ではありません。*指導者を目指す方はこちらの講座受講が必須科目です。日程10月28日 日曜日 10:00-15:00受講料19,800円(税別)*セルフケアガイドブック付き場所「赤羽橋レンタルスタジオ」大江戸線〈赤羽橋駅〉より徒歩2分お申し込みJABC日本ベビー&チャイルドケア協会➡お申し込みフォーム講師とみよし美里主宰株式会社マザーミー(一般社団法人JABC日本ベビー&チャイルドケア協会)お申し込みの流れ上記のJABCお申し込みフォームに詳細を記載の上、お申し込みください。その後、reserve@kurashikarada.comより、3日以内に返答がありますので、添付された内容に沿って、お振込についてや当日の流れを確認していただきます。もしも、返答がない場合は、info@kurashikarada.comまでご連絡ください。受講した方のご感想〇とにかく充実の内容です。〇自分の身体に合った方法を知ることができました。〇先生が自分の体をしっかりと見てアドバイスを頂けたのが嬉しかったです。〇少人数制で分かりやすい内容で参加できて良かったです。〇今回やったことを毎日行っています〇とっても気持ち良かったです。〇症状の苦しさから解放されることができるようになりました〇女性ホルモンの値が増え症状が緩和しました〇眠りが浅かったのですが、深く眠れました。〇近いウチにくるであろう、ぼんやりとした、でも不安な更年期について今からどう準備をすれば良いのか、どう捉えたら良いのか、明確になる講座でした。〇一人でも多くの方が「自分で自分の身体をケアする」するという考え方を持ってもらえたら良いなと思います〇自分の教室に取り入れ活かしていきたいと思いました

「調子の悪い私に終わりを告げよう」そう決めた

20代終わりから30代にかけて、私はずっと調子が悪くて、電車に乗ることも、人込みの中に居続けることも、友達と遊ぶことも、大きな仕事を受けることも、自分の体がその時にどうなるか分からないほど突然調子が悪くなるから、全てを避けて、避けて、今思うと小さな世界に入って行って毎日、毎時間、時を過ごすことに勇気を使う日々でした。医者に診てもらい、安心する薬、吐き気を止める薬、目眩を止める薬、胃薬、様々な薬をもらいましたが、持っていない、無くなると感じれば、また、体調が悪くなり顔が真っ青になる日々。私は、どこがおかしいんだろう。このまま、一生生きていけるのかな。その不安を解消するために、本格的な自分の探求に入りました。そして、最終的に辿り着いたのがタイとインド。電波もほとんどないし、日本のように便利な生活ができないし、電気もままならないし、やる事ないし、どちらも、とても原始的な自然に溢れた療養にはもってこいの施設です。その時の私は、訳の分からぬ全身の痒み、吐き気、食欲の乱れ、胃痛、胃の膨満感、肌荒れ、毛艶のなさ、薄毛、時々地震が起きるようなめまい、地球が回るようなめまい、耳鳴り、耳の閉鎖感、乗り物酔い、体温調整が効かない、喉の閉そく感、生理不順、薬が効かない生理痛、子宮頚がん異形成のステージが進む、不眠、起きれない、むくみ、便秘と下痢、ウツウツした状態、集中力の低下・・・挙げたら、キリがありません。仕事はめいい一杯頑張っていて、母親の死の宣告をもらって生きた心地がしなくて、妻として頑張りたいけれど頑張りきれない状態に居て、友達とも付き合えなくて、そんな状況です。そんな時、そこではただ寝る、ほとんど食べない、から始まり、太陽時間に合わせた生活、デトックス、適度な有酸素運動、味の薄い素材そのものを少量食べる、ヨーガ、瞑想、自由時間を寝て過ごす。とにかく、水分をとり、発汗やエネマ時に薬草を使い、体の穴という穴から排泄。とても大変でした、気持ちも、晴れやか・曇り・怒り・悲しみの繰り返し。その時に、ドクターが言ったことは、「あなたの体は何処も悪いところが無い。ここで、あなたの持っているものを出して、体を軽くすれば、あなたの気持ちに隙間ができるんだよ。」ということでした。全てを見透かされたような真っ直ぐな目で、そのドクターは言うのでした。帰る時には、手持ちの薬の存在を全て忘れたほど、体は軽くどんな事にも動じず日本への帰路に着きました。そこから、現状は変わっていないので、また体調不良が戻る時はあったもののあの、全てを止めていく・空にしていく大変な治療を行ったおかげで、自分の体に自信が持てて、必ず調子が良くなることも分かっているので、悪くなれば、逃げるようにまたタイ・インドとヨーガや自然療法ができるところへ行き、の繰り返しで、体調が良い日々が長くなってくるにつれ、自分の身をおく環境を変えることができたり、新しい仕事に取り組んだり、人間関係を綺麗にしたり少しづつ環境も変わりいつの間にか信頼と安心に包まれるようになりました。そして今やすっかり、ピンピン。40代になったけれど驚くほどピンピン。そして、とてもタフ。前よりも綺麗になれた気もするし、体の事がよく分かるようになって自分の扱いがとっても上手くなりました。時間はかかったけれど、重要な期間だったと思っています。私が小さい世界から出ようと、あの時に決心したのは「もう、具合の悪い私でなくとも大丈夫。不幸はもうさようなら。」ということ。自分の幸せを自分で選択をした瞬間でした。加える・変える・上を目指す、という方法に終わりを告げ無くす・本来ある力を呼び起こすその原始的な方法を行う事がどんなに大切か。辛い経験から、幸せを選ぶ選択をすることがどんなに大切か。その一歩が踏み出せたらずっと止まっていたような、自分の時間が動き始めるのです。そこには、必ず人はいてでも、人がいても私がその人の言ってくれることを信じる力が必要です。時に、視野を広げてみる。そこから、始まることがあるのだと思います。