そのファスティング。ちょっと待って。

コレステロールは女性ホルモンの分泌に関係しているので

太ってくることは、やはり気になること。

30代後半から、代謝が落ちて、運動量が減って、家庭や仕事のストレスが多くかかる

そうすると、もう負の連鎖・・・


ですね。


更年期の女性、更年期のことを考えて対策を練っている女性

30代後半から40代に入ってお腹周りに付いた脂肪が気になる女性は

ファスティングをして体重を減らそうとする方が多くいます。


『でもちょっと待って。』


いくら身体の機能を高める、体重を落とす、と良い効果がでるファスティングでも

自分の身体の状態次第で


逆効果となるのです。



あなたの自立神経のバランスは整っている???


✔ 朝起きた時に疲れがとれていない

✔ 不規則な生活をしている

✔ ストレスが解消できていない


こんなことに当てはまっていませんか?

こんな時、自分に良いことをする

ファスティング、というような普段してないことをしてみる

そんな、ガラッと変わるようなことをしてみたくなるもの。


でも、上記の項目に当てはまっている時は自立神経系のバランスが不安定な時。

だから、少し待ちましょう。



自立神経の役割


簡単にいうと、自立神経の役割は

【身体の環境(身体に起きていることや感情など)&自分を取り巻く環境】

【自分自身】

の、懸け橋となっているものなのです。

善悪関係なく、環境を変える時は

自立神経系のバランスがとれている時でなければ、

結果的に、身体に負担がかかって良い結果が得られないのです。



だから、ファスティングのように食事のことを見直すだけでなく

体内環境、自立神経系のバランスも見直すことがとても大事なのです。


そういう面で、

ヨーガと自然療法(ファスティングを含む)はセットにすると

とっても良いんです。







\\\  食と自立神経系を見直せる ///

更年期をテーマにした2DAYSスペシャルイベント

【ウィメンズケア~身体とホルモンバランスの調整~】

4月23日/26日に開催

リラックスできる素晴らしい環境で皆様をお迎え致します。

23日の方はあと数名!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

Women'sLIFE & BODY

とみよし美里/女性専門トレーナー。 ウィメンズライフ&ボディー。 【妊娠・出産・産後・更年期】女性の成長を専門にサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000